横浜市では性病やエイズの検査を保健所や医療機関

横浜市では、保健所や医療機関にて、性病やエイズの検査を実施しています。性病は、現在では性感染症(STD)と呼ばれていて、この性病にはいくつかの種類の疾患があります。
主に知られている病気には、淋病やクラミジア、梅毒や性器ヘルペス、エイズなどがあります。これらの性感染症(STD)の多くは、自覚症状が現れにくいことから、感染していることに気づくのが遅くなり、病気が進行している場合があるようです。このため、予防を行うことが重要になりますが、不安や心配を感じた時には、早めに検査を受けることが大切になります。
横浜市の保健所では、エイズ検査や相談を、無料で匿名にて受け付けています。不安に感じている方は、まず電話で相談をしてみるのがいいでしょう。
また、横浜にある医療機関では、自宅で性感染症(STD)検査をすることができる検査キットを、郵送で届けてくれるところもあるようです。プライバシーに配慮された郵送方法で、自宅まで届けてくれるため、周りに気づかれることなく、性感染症(STD)検査を受けることができます。
検査を行う方法は、病気によって少し違いがあるようですが、採血をしたり、尿を採取したり、ちつ内にある分泌物を綿棒で採取したりなど、誰にでも簡単にできるように工夫された検査キットになっています。検査結果は、携帯やパソコンからでも確認することが可能になっていますので、安心して利用することができるでしょう。
心配な方は、プライバシーに配慮され自宅で可能な検査キットを使用して、調べてみてはいかがでしょう。性病やエイズは、感染していることに気づきにくいため、不安に感じたら早めに保健所や医療機関に、相談されるのがいいでしょう。